HOMEご契約までの流れ

ご契約までの流れ

住み替えを思い立ってから希望の賃貸マンションやアパートに入居するまでに、大きく分けてステップがあります。
それぞれのステップでは、どのような点に留意して行動すれば良いのか、まずは全体像をしっかり把握するようにしましょう。

STEP 1 情報収集をする

インターネットや情報誌、広告、仲介会社の物件案内書などを活用して、できるだけ広く物件情報を集めます。最近の供給傾向や、地域・沿線ごとの賃料相場などをチェックします。
併せて各仲介会社がどのような物件情報に精通しているのかなども見ておくと、あとで役に立ちます。

情報収集するときには、自分が描く生活シーンをイメージしながら情報を見ると、いっそう効果的ですよ。

STEP 2 予算を立てる

いくらまでの月額家賃だったら無理なく支払えるのかを確認します。このとき家賃だけでなく共益費など、実質的な支出も含めて考慮しましょう。
また、入居時に支出する仲介手数料や敷金等の一時金、引っ越し費用などの諸費用なども忘れないようにしましょう。

予算を立てるときには家賃・共益費、仲介手数料、敷金、礼金、更新料などをしっかりチェックしてください。

STEP 3 希望条件に優先順位を付ける

自分たちが新居に対して何を望んでいるのかを、書き出してみましょう。
そのうえで先に集めた物件情報や予算を念頭に置きながら、希望条件を付けていきます。
仲介会社を訪ねるとき前に考えをまとめておくと、物件探しがスムーズです。

優先順位を付けるときには、「譲れるもの」と「譲れないもの」という観点からチェックするようにしましょう。

STEP 4 物件探しを仲介会社に依頼する

仲介会社を訪ねて、先にまとめておいた希望条件を伝え、物件探しを依頼します。
できれば複数の仲介会社を訪ね、希望条件を多く取り揃え、親身になって探してくれる信頼できる宅地建物取引業者仲介を依頼するようにしましょう。
信頼できる仲介会社かどうかは、宅建免許の有無をはじめ、役所へ行ったり、広告を見ることである程度調べることができますよ。

STEP 5 現地見学をする

候補物件を絞ったら、担当者に案内してもらい、現地へ出かけます。
一度の訪問で決めずに何度か足を運びましょう。
建物の日当たりなどはもちろんのこと、通勤・通学の交通の便、周辺環境やショッピングセンターなどの利便施設が整っているかどうかを、自分の目で確かめましょう。

現地見学へは同居予定の方がいれば一緒に出かけるのがベスト。その際には便利な7つ道具を持参すると役に立ちますよ。

STEP 6 賃貸借契約を結ぶ

物件が決まったら「入居申込書」を貸主に提出し、賃貸借の承諾を得ます。そのうえで仲介会社から重要事項説明書の説明を受け、内容に納得すれば手付金等を払い、賃貸借契約を結びます。
賃貸借契約には、「普通借家契約」と「定期借家契約」の2種類があるので、どちらなのかを確認することが大切です。

賃貸住宅探しで最大の山場といえます。

STEP 7 入居する

賃貸住宅のカギを受け取る際には、仲介会社の担当者や貸主の立ち会いのもとで、部屋の現状確認を行います。できれば「入・退去時チェックリスト」を作成し、部屋や設備などの状況を書き込んでおくと、退去時に部屋の汚れなどをめぐるトラブルの防止に役立ちます。

明け渡し時の「原状回復」など、後日にトラブルが起きないように、入居時から注意しておくことが大切です。
 
このページのトップへ